>

古くても売れるの?

この記事をシェアする

使用感があっても大丈夫?

結論から言うと、人気のメーカー釣り用品であれば、多少の使用感があっても高価買い取りは十分期待できます。
高価買い取りのポイントとしては、そのメーカー力、そして釣り用品として使用可能かということです。
以上の2点が満たされていれば、高値での買い取りをしてもらえるようです。

とは言え、見栄えはやはり大切です。
使用感があるものであっても、査定に出す前にホコリやくすみを落としておきましょう。
それだけでも印象は変わり、査定額に大幅に影響する場合もあります。
例えば、メッキ部分などの光物箇所をしっかり磨くと全体の印象も良くなります。
一度拭いてみたり、磨いてみたりしてはいかがでしょうか。
ただし、それによって傷がついてしまったのではマイナスとなってしまいますので、慎重に行ってくださいね。

売る時に注意したいこと

買い取り査定に出す前に確認しておきたいのが、付属品の有無についてです。
付属品とは、説明書や箱のことを指します。
付属品の有無は、釣り用品の買い取り金額に大きく影響するようです。
そのため、査定に出す場合には、説明書や箱も一緒に持って行きましょう。
そしてまた新たに購入する場合には、それらを大切に保管しておくということを心がけましょう。

また、売るタイミングもとても重要と言えます。
新モデルが発売されると、旧モデルの価値は大幅に下がるでしょう。
もちろんその理由は、ユーザーの需要が新モデルの方に移行するためです。
なので査定に出す場合にはなるべく早く、そして新モデルが発売される前にショップに持ち込むことをオススメします。


トップへもどる