葬式は柔軟対応していることを感じさせるが

葬式は故人に対する最期の儀式となります。
それをするためにはほとんどはどこかの葬儀業者に依頼をしなければなりません。
これまでの間に何度かその葬儀に参加しましたが、それを経験するたびにお葬式のやり方が柔軟対応していることを体験談として感じさせることがしばしばありました。
そのうちの1つはストレッチャーの存在です。
棺桶を寝台車や霊柩車に乗せる際に、これまでは男性が6人ほど最初から最後まで歩いて担いで直接乗せていたところ、最近はストレッチャーにスタッフが棺桶に載せて、寝台車や霊柩車のすぐそばまで移動させて、親族が担ぐ距離と時間を最小限にしてくれた配慮には驚きました。
その次はお通夜の際の対応でした。
これまでにそのお通夜では同じ葬儀業者と同じ会場で経験しましたが、2年前と10年前に比べると、10年前は線香を夜通し絶やすなとしていました。
しかし2年前では線香や蝋燭は電気で点灯しているアイテムに変化しているために、親族が随時線香を交換なんてこともなくなりました。
さらにそれだけではなくて、終夜棺桶のそばに家族や親族がいる必要はないから自宅に帰って休んでくださいと言われて、ここでも時代の変化を感じたのでありました。

sabu用置換

sabu用置換